2015年08月31日

水草水槽の照明を交換

最近、照明が暗くなっている感じがするし、水草に元気が有りません。
照明が少し古いので交換をしてみました。
熱帯魚屋さんで販売している蛍光灯は専用品なので結構なお値段がします。
それでも貴重な水草のためなら仕方がないのですが、今回、通常入手できる蛍光灯に交換しました。

交換したのはNECのホタルックαの昼光色です。
水草で綺麗に見える色温度は7000K(ケルビン)と言われていますし、大手の水草用の蛍光灯はこの色温度にしているみたいです。
ネットで調べると購入したホタルックαの色温度は8000Kだそうです。
7000Kより高いのみ購入してみました。
R1016869.jpg

購入価格は二本で921円でした。
水草専用の蛍光灯だと一本で1500円程度するので破格値です。
R1016871.jpg

確かに今までの蛍光灯より清々しく見えます。
上が今まで使用していた蛍光灯で下が交換した蛍光灯です。
R1016870.jpg

R1016872.jpg

見た目は人間の目なので、重要なのは水草の成長です。
最近、成長が鈍いので蛍光灯を交換して改善されれば嬉しいです!!


posted by Bourbon at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
7000Kとはずいぶん高い色温度なのですね。
比較写真でも青さが明確に違います。
Posted by アローン at 2015年09月03日 13:25
アローンさん>
7000Kに反応されるのは写真家ならではですね。
確かに高い色温度ですが、水槽内部が綺麗に見えます。
元々は部屋用の蛍光灯なので、部屋で使っても良いかもです。
Posted by noboo at 2015年09月03日 23:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425120664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック