2017年01月02日

EBEL 1911 電池交換

年末に親父の形見の時計が動かなくなったと言い私に渡されたEBELの時計です。
ネットで電池交換の料金を調べるとブランド品なのかメッチャ高いです(-_-;)
お袋からも購入価格が凄い値段と聞かされていました。

でも時計を見ると全てマイナスネジが使われています。
前にもダイバーズウォッチの電池交換とかしていたので、電池交換が出来そうです。

EBELの電池はガラス面を外して交換するとの情報が有ったので、先ずはガラス面のネジ外しです。
かなり緩いトルクでしまったいました。
しかしリューズが邪魔をして電池にはアクセス出来ませんでした(T_T)

ネットで調べると1911は裏蓋から電池にアクセス出来るらしいので、裏蓋外しをしました。
8本のネジの内、1本だけメッチャ固いです。
マイナスネジはなめると悲惨なので慎重に対応しました。
外れないネジに燃えてしますのは私の性かもしれません(-_-;)

少し苦戦しましたが無事にネジが緩み裏蓋外しに成功しました。
ネジは外した位置に整頓しておきます。
IMG_7704_1.jpg

使用されていた電池はマクセルのSR726SWです。
親父が電池交換をしたのだと思いますが、チープな電池です…
近くのホームセンターに行き同じ規格の電池を購入しました。
IMG_7711.jpg
購入価格は512円でした。

新しく購入した電池ですがストッパーが無く浮いた状態になります。
裏蓋で押さえられる構造なんでしょう〜
高い割には考えられていない構造ですね。
IMG_7712.jpg

折角なので裏蓋の掃除をして組み付けました。
IMG_7713_1.jpg

しっかり時計が動き出しました!
親父の形見が復活しました(^^)/
IMG_7714.jpg

電池交換が512円で出来ました!
確かにネジ1本を外すのに苦労をしました。
しかしネジを外す技術が有れば安く済みますね〜

お袋に持って行こうと思います。

posted by Bourbon at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アナログ高級時計。知人が持っていて、池袋に三越があった頃、そこで電池交換をするのに付き合った覚えがあります。
金額は忘れましたが、凄い高かったという印象のみ覚えています。
自分でやれば電池代のみですが、なかなか出来ないことです。
Posted by アローン at 2017年01月03日 07:12
アローンさん>
コメントありがとうございます。
本当にブランド時計の電池交換は高いみたいです…
たかが電池交換なのに高い技術料を払うって感じですかね。
まぁ、ブランドってそう言う物なのかもしれません。
Posted by Bourbon at 2017年01月03日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445482518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック