2017年01月22日

熱帯魚水槽にLEDライト

水草水槽になっている熱帯魚水槽のライトを交換しました。
そろそろ蛍光灯の交換時期なのですが、最近のお店のディスプレーはLEDライトです。
お値段も安くなっているし、水草の育成も出来るらしいので気になっていました。
購入したLEDライトはGEXのクリアLED PowerIIIです。
IMG_7839.jpg

かねだいで5537円+税金で購入しました。
ちと衝動買いでしたが購入して正解でした!

IMG_7840.jpg

IMG_7841.jpg
こんなに小さなLEDなので凄く明るいんですね〜

今までの二灯型蛍光灯ライトと比べるとスタイリッシュです!
IMG_7844.jpg

IMG_7843.jpg

交換して暫くして水槽を覗いたら、光合成の泡が出ていました!
このLEDライトでも水草育成は可能ですね。
IMG_7845.jpg

このLEDライトの寿命は40000時間です。
一日8時間点灯して10年も持ちます。
蛍光灯を使い続けるよりコストパフォーマンスが凄く高いです!!

posted by Bourbon at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水槽のライトは蛍光灯と思い込んでましたが、世の例にもれずLEDが採用されて当然だったのですね。
水草が豊富な水槽、なかなかのものです。
Posted by アローン at 2017年01月23日 11:17
アローンさん>
コメントありがとうございます。
本当に世の中のライトはLED化が進んでいます。
私はLEDで水草育成は無理だと思っていました。
しかし熱帯魚ショップのディスプレーはLED照明一色なので購入してみました。
結果、正解でした。
Posted by Bourbon at 2017年01月23日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック