2010年06月13日

メダカを放しました

先週作成したプランター水槽にメダカを放しました。

水が澄んでいたので、水草も植えてみました。
植えたのはハイグロフィラ、テルネス、ヤマカ、ロタラです。
おまけにアマゾンフロッグピットも入れました。

もともとプランター水槽で誕生したメダカ達です。

今年はメダカの他に、熱帯魚水槽にいたアカヒレとランプアイも放しました。自然光が当たるのでキレイに成長して欲しいです。

今後が楽しみです!!
posted by Bourbon at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

メダカ用のプランター水槽

いつもは稲を貰うので必然的にプランターで田んぼを作り黒メダカをいれてボウフラ対策をしていました。
ところが今年は稲が貰えませんでした。

昨年増えた黒メダカが屋内の水槽にいるので、野外で育てるの環境を作るのでプランターでメダカ水槽を作りました。

作り方は簡単です。

(1) 栓のできるプランターを用意します。
(2) プランターの水抜き穴を栓します。
(3) 土をプランター深さの三分の一程度入れ、後は水を入れます。
(4) 一週間程度放置して、水が澄んだらメダカを入れる予定です。

いつもは田んぼ仕様なので水深が浅いのですが、今年はメダカ専用なので結構水深が深くできました。

土が、ろ剤の役割をしてろ過バクテリアが湧きますので、土の少なさが少し心配です。
posted by Bourbon at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

二回目のディスカス産卵

水槽の掃除をしようと思ったらディスカスの動きが変です。
よくよく見ると水槽のガラス面に産卵していました。

DSC01155.JPG

ベアタンクで飼育しているときはほとんど見なかった産卵です。
水草水槽のお陰って感じがします。

使っている水草は簡単なハイグロフィラです。
CO2は使っていませんが液肥と固形肥料で成長が早いです。

水槽飼育でも水草が有った方がディスカスには良い環境のようです。
posted by Bourbon at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

水草水槽でディスカスの産卵

今日、水槽の水換えをしていたら、ディスカスが給水パイプに産卵していました。

ビックリです。

DSC00994_1.JPG

見守っているのがメスです。
ところがオスが特定できません。

奥にいるディスカスに対しては非常に攻撃的だったので、どうもオスでは無いみたいです。

精子をかけている姿が見れれば、オスの特定ができますが、今回は判りません。

もしかしたら無精子卵かもしれません・・・。

水草水槽でもディスカス飼育は結構良いかもしれません。
posted by Bourbon at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

ディスカスを水草水槽で飼育

今回は水草水槽で譲って頂いたディスカス飼育をチャレンジです。

<仕様>
水槽:90cm水槽(スティングレー113)
ろ過:エーハイム2115&2117サブフィルター+エアポンプ式のスポンジフィルター
ろ材:エーハイメックなどのエーハイム純正品?
砂:大磯砂

水草:CO2をあまり必要としない初心者用の水草(ハイグクフィラ、ロタラ、アマゾンフロッグピット(浮草)等)

譲って頂いたディスカスの怯えが酷いので水草水槽でディスカスを飼育することにしました。
以前と大きく環境が変わったのも一因かもしれません。

以前から飼育していたドジョウさんもいるので、水草を抜いてしまいます。毎日、植えています。早く根を張ってくれることを願うばかりの毎日です。

ベアタンクと違って今回は大磯砂も入れました。
エーハイムの2117だと水の吐出量が大きいので淡水魚だとちと苦しいフィルターになります。
なのでろ材の量を確保するために2117サイズのサブフィルターも付けました。

ホースに溜まる水垢で、水量が落ちてしまうのが外部フィルターの欠点です。
でもリビングに置いて一番静かなフィルターなので長い間使っています。

エアポンプは一番静かな「水心」です。今回はSPR-2を使いました。

ろ材の量と大磯砂+スポンジフィルターにエアレーションなので、バクテリアが十分に活きてくればろ過に関しては問題ないと考えています。

早くディスカスが環境に慣れてくれると嬉しいです!
posted by Bourbon at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

ディスカスの移動には1匹づつが鉄則

先日、転勤になる友人からディスカスの里親になるために持ってきました。

移動時間が1時間程度なので、フタの付いたバケツに入れ、思いっきりエアレーションしてから移動しました。

ところが家に着いた時には9匹全てが横たわっていました。
どうも他のディスカスの粘膜で中毒症状になってしまったようです。

慌てて自分の水槽に入れましたがしばらく横たわったままです。
数時間かかってやっと泳ぎだしました。

ホッ!!

長年、ディスカスの飼育をしていますが、熱帯魚屋さんでディスカスを購入するときに、一匹づつ梱包するのは中毒防止の理由もあったって初めて気が付きました。

私は単に傷防止かと思っていました。

中毒になったのと環境が変わったので、まだディスカスは怯えていますが、早く慣れて欲しいです。
posted by Bourbon at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

黒メダカ

プランターで作った池?があります。

元々は稲を育てるのに作ったのですが、水が入っているとボウフラがわくので熱帯魚ショップで昨年購入しました。

プランター池の作り方は簡単で、プランターの水抜き穴を塞ぐだけです。

実はプランターの底に入れるネットにはプランターの水抜き穴を塞ぐキャップが付いています。

水圧がかかるので内側からキャップをします。キャップはカッターとかでネットから切り離せばOKです。

その後に土をプランター上部から7cm程度まで入れて、その後に水を入れます。

一週間程度経つと水が澄んできますのでメダカを入れてもOKです。
後は何もしなくても大丈夫です。

厚い土がろ過する環境を整えてくれますし、風で水の中に空気を入れてくれます。

注意することは水道水をそのまま入れないことです。

水道水は塩素が入っているので、メダカにダメージをあたえます。
水を足すときには一日以上放置した水を使うか、カルキ抜きを使って下さい。

今年は寒い日には氷が張ったプランター池ですが、メダカは大丈夫でした。

今年も子供を沢山生んでくれると嬉しいです。
posted by Bourbon at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

ミドリカメのおやつ

家に2年前に縁日ですくったミドリカメがいます。

まだ小さいのでプラケースで飼育しています。
過去2年間は熱帯魚用のヒーターを入れていましたが、今年は加温しないことにしました。

体温が上がらないので動きが鈍いですし、餌もあまり食べません。
本来だったら冬眠しているのかもしれません。

ミドリカメはエビ類が好物(まあ何でも食べますが・・・)ですが、栄養が偏るので普段は安いカメの餌のみで、エビ類は殆ど与えていません。

先日、お好み焼きの具でさくらエビを100円の個袋で買いましたが、余ったので与えてみたら凄い勢いで食べています。

熱帯魚屋さんで、エビ類を購入すると結構な値段がしますが、お好み焼き用のさくらエビは安くて良いかもしれません。

まあ赤色で着色されているのは少し気になりますが、主の餌ではないので良しとしています。

家のミドリカメは普段の餌を与えても全然見向きもしないので、エビが本当に好きみたいです。

後はディスカスに与えるハンバーグ。用は肉です。これも結構良く食べます。
難点は餌で水が汚れることですが、プラケースで移動が可能なので毎日水換えをしているので大丈夫みたいです。
posted by Bourbon at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする